前ページ << 1 2 3 4 5 6 >> 次ページ

タイトル: 第121回10月24日火曜日0:06〜放送分
コメント: 第121回10月24日火曜日 深夜0:06からの放送は、吉田美奈子の1995年リリースのアルバム エクストリームビューティーをお送りします。

吉田美奈子は、私が好きなミュージシャンで、日本でもっと評価を受けて当然だと思われる素晴らしいアーティストのひとりです。

このアルバムは、イメージとして完全に夜向きの、すごくダークな音作りなので、すこし肌寒い今の時期に夜な夜な聴いていただくのが最善と判断しました。

火曜日の深夜、ひとりしんみりとしたい方がおられましたら、ぜひ放送を聴いてみてください。気分が落ち着いてゆっくり眠れると思います♪
No.30 - 2017年10月8日(日) 23:43:23

タイトル: 第120回10月17日火曜日0:06〜放送分
コメント: 第120回10月17日火曜日 深夜0:06からの放送は、徳永英明の女性アーティストのカバー集 ボーカリスト3 をお送りします。

小生、現在シンガーソングライターKENJIROさんの八尾バンドでドラムを担当していますが、私が歌モノの伴奏のドラムプレイの参考に聴き込んでいるのが、このアルバムです。

参加ドラマーは、青山純、河村カースケ智康、江口信夫で、皆さん抑制の効いた素晴らしい歌伴のプレイがぎっしりと詰まっています。アルバム全体としても、歌良し、選曲良し、音良し、演奏良しで、秋の夜長に聴くのにピッタリとハマります。

ぜひ、おやすみまでのひととき、ラジオでおつきあい下さればたいへん幸せです。

No.29 - 2017年10月8日(日) 23:43:44

タイトル: 第119回10月10日火曜日0:06〜放送分
コメント: 第119回10月10日火曜日 深夜0:06からの放送は、アーサーコナンドイル作 シャーロックホームズの冒険より、「赤髪組合」をお送りします。

この推理小説が発表されたのは1891年で、なんと今から126年も昔のことになりますが、今もなお推理小説のジャンルではシャーロックホームズ人気が絶えることはありません。
私もシャーロックホームズ シリーズは全巻読破しましたが、永遠の名作と呼ぶにふさわしい作品群だと思います。

季節がら、読書の秋ではありますが、小説をわざわざ読むのが面倒くさい皆みな様のために、聞くだけ簡単シャーロックホームズをやりますので、ぜひおやすみまでのひととき、小生のラジオでお楽しみいただけましたら幸いです。

No.28 - 2017年9月25日(月) 0:16:40

タイトル: 第118回10月3日火曜日0:06〜放送分
コメント: 第118回10月3日火曜日 深夜0:06からの放送は、2008年2月忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館ライブの模様を放送します。

清志郎は2008年にこの世を去りましたが、戦争や紛争が絶えない世界、テロ事件や世界的な飢餓の問題など、彼が生きていれば嘆きのタネが尽きない状況が続いています。

このライブでは、そんな世界が平和になるように清志郎が祈りを込めて歌うシーンがあります。坂本龍一教授とおなじ意見になりますが、現代にこそ忌野清志郎の存在が必要であったと思う秋の夜長でございます。

清志郎の祈りが世界に届きますように。そして世界が平和になりますように祈りながら、この放送を聴いていただければ幸いです。


No.27 - 2017年9月25日(月) 0:09:15

タイトル: 第117回9月26日火曜日0:06〜放送分
コメント: 第117回9月26日火曜日 深夜0:06からの放送は、懐かしの横山やすし西川きよしの爆笑「やすきよ漫才」を放送します。

伝説の漫才師 横山のやっさんは、実は八尾にはご縁がありました。まず八尾空港には、やっさんのセスナ機「月光」がありました。また、近鉄八尾駅の東側には競艇のボートが看板がわりに店に立て掛けてあるやっさんのお店「ナイトインやすし」がありました。

漫才においては、やすきよのテンポ最高のスピード感、シャープな切れ味、やっさんのレーザービームツッコミが最高に気持ちいいです!素晴らしい話芸に私は感動します!

やすきよ漫才を聞いていただき、笑いで1日の仕事の疲れを癒してもらえれば幸いです。
秋の夜長、どうぞやすきよ漫才でお楽しみください。

No.26 - 2017年9月13日(水) 19:01:36

前ページ << 1 2 3 4 5 6 >> 次ページ